ヱビスビール記念館へ行ってきました

〒150-8522 東京都渋谷区恵比寿4-20-1
恵比寿ガーデンプレイス内にあり、入場は無料です。
入口右には創設者:馬路恭平氏の説明があります。
1

正面入り口には、おなじみのビール缶ヱビス様がお出迎え。
2

ギャラリーもありビールの歴史を勉強することもできます。
3
4

なつかしい?オルゴールもあり動かすことができます。
聞きなれたあの音楽が流れます。
5

オリジナルのお土産もありました。
6


柴又帝釈天へ行ってきました。

場所は京成線「柴又駅」下車。徒歩3分です。
駅を降りると寅さんがお出迎えしてくれます。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

朝8:00に到着したので観光客は
まばらでした。
%e6%9f%b4%e5%8f%88%e9%a7%85

帝釈天までは徒歩5分程度です。
%e5%8f%82%e9%81%93

お馴染みの、「名せりふ!」
山田洋次監督の文字石碑があります。
%e5%90%8d%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%83%95

「日蓮宗経栄山題経寺」の通称です。1629年に開かれたとされ、明治に建て替えられ、昭和に入り、
帝釈堂を囲む素晴らしい法華経説話彫刻や大鐘楼堂、大回廊が建立されました。
%e6%9f%b4%e5%8f%88%e5%b8%9d%e9%87%88%e5%a4%a9

柴又は帝釈天。
 寅さん、矢切の渡し・・・・・・。
 寅さんに笑い、泣いて、歌う人たちの心のふるさと

「庚申まいり」の江戸の人びとが灯をかざして通い来たこの道につながれば、病即消滅・不老不死!
修羅の巷をめぐりながら、救いの御手を垂れた、あの日の板本尊・帝釈天、そのあらわれの日の「庚申」は常に新しい生の「更新」でもあったのだ。
帝釈天題経寺山主 望月洋靖
%e5%b8%9d%e9%87%88%e5%a4%a9%e9%a1%8c%e7%b5%8c%e5%af%ba%e5%b1%b1%e4%b8%bb

寅さんに関連して、草だんご屋さんが並んでます。
%e3%81%a8%e3%82%89%e3%82%84

帰り道に、休憩途中にお団子を頂きました。
%e5%9b%a3%e5%ad%90%e3%81%8a%e5%ba%97

お店の中は、寅さん関連写真が多かったです。
%e5%af%85%e3%81%95%e3%82%93%e5%86%99%e7%9c%9f

お団子頂きました。
柔らかくとてもおいしかったです。
%e3%81%8a%e5%9b%a3%e5%ad%90%e3%81%a8%e3%81%8a%e8%8c%b6

VIVID74号でも寅さん記念館を載せていますので、参考にしてみて下さいね。
「にっぽん漫遊 全国津々浦々おでかけMAP」
リンク先:http://capd.jms.cc/enjoy2/knt06/


熊本紀行① ~鍋ヶ滝~

熊本の人気スポットを数回に分けてご紹介します。
今回は、鍋ヶ滝です。
熊本県阿蘇郡小国町(おぐにまち)にあるカーテンのような美しい滝で有名な、金運のパワースポットにもなっている場所です。

出入口でくまモンと・・・隣は滝のキャラクター?
がお出迎えしてくれました。
鍋ヶ滝

どんどん階段を下りていくと、ようやく見えてきました。
%e6%bb%9d

滝の内側に行けるなんて、なかなか珍しいです。
%e6%bb%9d%e8%a3%8f%e5%81%b4

その内側にあった岩に石が積んでありました。これはきっと何か意味があるんだろうなぁ。
%e7%9f%b3%e3%81%93%e3%82%8d

GWにはライトアップされるみたいです。(http://kariud.exblog.より引用)
%e6%bb%9d%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

滝の付近のお蕎麦屋さん。平日の13時を過ぎていましたが混んでいました。
%e3%81%8a%e8%95%8e%e9%ba%a6%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93

阿蘇の名水で作ったお蕎はとてもおいしかったです。
%e3%81%9d%e3%81%b0

10年程前に某お茶のCMで有名になり、土日は混んでしまうみたいですが、
ぜひ熊本に行かれた際には行ってみてください。

参考:鍋ヶ滝ホームページ
http://www.aso-oguni.com/kankou/kankosizen.html