大原美術館

岡山県

大原美術館

倉敷アイビースクエアは、昭和49年、明治時代に建てられた旧紡績工場の大改修を行い、ホテルを含む観光施設として生まれ変わりました。レンガ積みの重厚な外壁には年中手入れの行き届いた蔦が絡み、四季折々の表情を見せます。

倉敷川の入口にある、ギリシア神殿風の建築が印象的な大原美術館は、モネ、ゴーギャン、マティスなどヨーロッパの優れた作品を中心に収集し、多くの西洋美術を見ることのできる初めての美術館として1930年に設立されました。
常設展示がメインなので、数々の名画の中からお気に入りを見つけたら、いつでもここへ「会いに」来ることができる事も嬉しい魅力。

CAPDバッグ交換が出来る場所があります

※大原美術館にはCAPDバッグ交換に利用できるお部屋があります。ご利用の場合は館内係員までお声かけください。

身体障害者手帳割引があります

TEL.086-422-0005
岡山県倉敷市中央1-1-15

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
月曜日(祝日・振替休日の場合開館、7月下旬~8月、10月は無休)
2015年12月24日~27日まで臨時休館、28日~31日まで年末休館。
2016年1月1日は本館のみ開館、2日からは全館通常通り開館。

入場料金(本館/分館/工芸・東洋館/児島虎次郎記念館)
※児島虎次郎記念館はアイビースクエア内にあります。
一般 1,300(1,200)円、大学生 800(700)円、高校・中学・小学生 500(300)円
※( )内は20名以上の団体料金身体障害者手帳をお持ちの方と重度の場合その付添いの方1名無料

アクセス
JR山陽本線倉敷駅より徒歩約15分
山陽自動車道 倉敷I.C.より約20分
瀬戸中央自動車道 早島I.C.より約20分

駐車場
なし

URL
http://www.ohara.or.jp/