ベルト&バンド開発物語・第2回

ベルト&バンド開発物語

CAPD 患者さん待望の「お腹のチューブを快適に収納できるベルト&バンド」の開発秘話と改良の過程をご紹介します。

第2回・更なる改良をめざして!

実際に、ベルト&バンドをご使用いただいた患者さんから様々なご意見が届きました。

Story1.発売して数ヶ月が経ち…

6月から収納サイズとウエスト幅を大きくし新発売した「CAPDバッグベルトN」。今回発刊したVIVID74号にも使用されている患者さんを取材して、改めて気づいたことがありました。

新発売の「CAPDバッグベルトN」

マジックテープが肌に当たると、チクチクして痛い!

それは、「マジックテープが肌に当たると、チクチクして痛い」ということです。オス・メス兼用のマジックテープを使用して、できるだけ痛くならないように考慮していましたが、やっぱり肌に当たると痛いようです。

●ご意見
「はみ出したマジックテ-プが痒くて、痛い。止める場所も後ろより前が見やすいのでよいのでは。マジックテープが痛いため、市販の腰用サポーターを使ったところ、痛くなくて快適。前方にマジックテープがついており、短いほうがオス、長いほうがメスになっている。止めた際に肌にテープが当たらないため、チクチクしない。JMSのバッグベルトは両側とも長いため、サイズの大きい方は巻いたときに肌にテープが当たってしまう。補強のための金属ないしはプラスチックが数本入っており、また幅も広くなっているので、この補強素材がなく、かつバッグベルトNの幅サイズにすれば、さらに使いやすいものができるのでは。」

腰用サポーター

Story2.もっと良いものをつくるには?

腰用サポーターですか!とてもいい案ですが、価格が高くなってしまいそうですね。
しかし、なんとしてでも価格はそのまま据え置きで、チクチクしない形状がないか、現在社内で検討しています。

●改良案①:2センチ間隔で通す穴を開けた形状

2センチ間隔で通す穴を開けた形状

●改良案②:片側を上下で挟み込む

片側を上下で挟み込む

まだラフ案でサンプルはこれからになりますが、ぜひ今バッグベルトNを使用されている患者さんにお試しで使って頂きたいです。
改良の進捗はこちらのページでご報告します!

 

乞うご期待